「ワクワク」を体感しよう! NEWS・COLUMN

NEWS・COLUMN

施主コラムvol.20 メモアプリでジャンル分け(カテゴリー分け)を実践!ここまで知ったら最強

  • 新着情報

ある日の嫁との『会話』

リョウタの嫁(以下「嫁」)
リョウタ(以下「リ」)

嫁:こないだ家の中紹介しよったろ?面白いこと言った?
リ:なんか、自分で見返すと、喋り方とかすごい気になったし、面白いこと言えんかった
嫁:私もみたけど、なんで左肩ずっと下がっとると?
リ:ずっとスマホ持ちながらインカメにしてたんよね
嫁:そういうところよね(゚ω゚)

インスタライブしてきました!

梅雨が明けましたね!!
このホームページ「ユズリノ」では
インスタでの情報発信にもぬかりなく
家づくりに関する情報がたくさん配信されています!
先日は、こちらのインスタライブにお邪魔いたしました^_^
興味のある方はぜひご覧ください♪
と、いうことで、どうも施主のリョウタです。

前回は、知って得するジャンル分け解説しました。
今回は、実際にアプリで、ジャンル分けを実践していきたいと思います!
めんどいなーと思う方も、「家づくりではこんなことを決めるんだ!」
という内容が分かりますので、是非ともみてみてください!

メモアプリでジャンル分け(カテゴリー分け)する方法

今回は
iphoneのメモアプリを使って
分かりやすいようにパソコンから
ジャンル分けを実際にしてみました!

Androidスマホをお使いの方も
過去に
Google keepの紹介
Evernoteの紹介
をしておりますので
使い方をチェックしてみてください♪

では早速みてみましょう!


① 第1カテゴリーを設定

前回の記事で解説した
施主が実際に決めていくことの一覧表に従って
メモアプリの中にフォルダを作っていきます

フォルダ一覧表 施主 決めること 新築 中古 建売 住宅 家づくり 全容 フロー やること 施主 自由度 機能性 安全性 デザイン 耐震性 土地設定

 

フォルダを作成したら
登録したい名称を入力します。

登録する名称は、ジャンル分けに従うことをオススメしますので
参考としては、前回の記事で解説した
施主が実際に決めていくことの一覧表
第1カテゴリーの名称を参考にしてみてください^_^

フォルダ一覧表 施主 決めること 新築 中古 建売 住宅 家づくり 全容 フロー やること 施主 自由度 機能性 安全性 デザイン 耐震性 土地設定


② メインフォルダに入れ込む・順番を並び替える

入力したフォルダは、長押しすると
順番を入れ替えたり、フォルダから出し入れできます。

フォルダ一覧表 施主 決めること 新築 中古 建売 住宅 家づくり 全容 フロー やること 施主 自由度 機能性 安全性 デザイン 耐震性 土地設定


③ 第2カテゴリーを入力

作成したフォルダの中に
新しいメモを作成していきます。
この時の、一つ一つのメモのタイトルが
前回の記事で解説した
施主が実際に決めていくことの一覧表
第2カテゴリーにあたります。
※前回記事の一覧表はあくまで例なので、お好きに設定されても問題ありません。

フォルダ一覧表 施主 決めること 新築 中古 建売 住宅 家づくり 全容 フロー やること 施主 自由度 機能性 安全性 デザイン 耐震性 土地設定


④ 第3カテゴリーを入力

前回記事の、施主が実際に決めていくことの一覧表を参考にされると
以下のように
見事にジャンル分けして、メモを作っていくことができました。
一つ一つのメモの中身は、もちろん、施主のあなたが欲しい情報や調べてストックしておきたい情報を
詰め込んでいくことになります。

フォルダ一覧表 施主 決めること 新築 中古 建売 住宅 家づくり 全容 フロー やること 施主 自由度 機能性 安全性 デザイン 耐震性 土地設定

まとめ

こうして
情報をジャンル分けして
集めていくと
・何の情報が欲しいのか?
・何の情報を持っていないのか?
が、一目瞭然ですよね!

また
このジャンル分けは
家づくりをすすめる中で
 ・お金を重点的にかける箇所はどこか?
  →自分なりの優先順位が見えてきます
 ・お金をかけなくても良い箇所はどこか?
  →冷静に判断ができ、妥協点を見つけやすくなります
・施主支給を何にするか?
  →家づくりのコストを下げることができます
・数年後に購入や補修を検討すべき箇所はどこか?
  →数年〜数十年後の家の状態を予想できると、「予期せぬ後悔」が「予想できる後悔」に変わり、「その後悔に合わせた対応」が可能になります
といったことが、非常に理解しやすくなる、知っておいて損はないものです。

ぜひ情報集めは、同時に「整理」を実践しながら続けていきましょう!

最後に

今回は、実際のアプリで、ジャンル分けを実践してみました!
他のアプリでも、同じようなことができますので
早速やってみてください♪

面倒だなーと思う方も、心配ご無用!
そのためにプロがおります!
どんなことでも、アイデア豊富に、キラキラした眼差しで聴いてくれます(実話)!

次回は、いよいよ3rd STEP<まとめる(スクラップブックにする)>
の、内容を解説していきます!
お楽しみに^_^!

関連記事

WORKS