「ワクワク」を体感しよう! NEWS・COLUMN

NEWS・COLUMN

施主コラムVol.15 【2nd Step<保存する>】家づくりのための施主の情報整理術解説!

  • 新着情報

ある日の嫁との『会話』

リョウタの嫁(以下「嫁」)
リョウタ(以下「リ」)

リ:気になった写真とかあった?
嫁:うん!カントリーチックな庭とか、家の写真保存したよ!
リ:OK ! んじゃその写真送ってー まとめとくから!
嫁:前に保存したんだけど、どこいったかわかんないわ。探しとく!

せっかく集めた情報は、その都度整理するが吉

これだ!と思った、気に入った家の写真があっても
うまく保存できていないと
本当にどこにいったか、わからなくなるものです
どうも施主のリョウタです。

前回までは、1st Step【探す・調べる・眺める】の、「捗るアプリの紹介、検索のコツ」をお伝えしました。
今回から、数回にわたって、2nd Step【保存する】の、コツを解説していきます!
2ndStepで、気になった情報をうまく保存できると
せっかくの貴重な情報が迷子になったり、後々面倒なことになったりしなくて済みます
最後まで是非ともみていってください^_^!

ちょっとおさらい

業者さんに、あなたやご家族の理想の家を伝えるとき
上手に伝えるための方法として
スクラップブックの作成」をオススメします。

そのスクラップブックの作成ステップは
以下の【簡単4STEP】でした。

スクラップブックの作成 制作 簡単4ステップ 家づくり 資料 業者 施主

※過去記事で概要を解説しています

今回の記事では、この2番目のステップを解説していきます。
つまり、気になった写真や文章、動画を「保存する」段階です。

欲しい情報を保存するコツ

まず初めに結論ですが
気に入った情報を保存するときは
・ジャンル分けをしながら保存する
・どこに保存するか決めておく
この2点が、上手に保存するコツです。

ちなみに
私の場合は、このようにジャンル分けをして保存しました。

保存 スクラップブック イメージ 理想の家づくり 情報 保存方法 コツ 失敗 成功

このようにジャンルに分けて保存することで
このジャンル自体が、スクラップブックを作る際のタイトルになりますし
自分が何に注目してその写真や動画を保存しようと思ったのか
自分の頭の中のキーワードとして、見える化できるので
ジャンルをきちんと分けて保存するということが重要です。

また
私の場合は、保存する場所を
スマホとパソコンのどちらかも確認できるようにしました。

スマホでもパソコンでもどちらからも確認でき
家族とラクに情報を共有できるアプリは以下です。
iPhoneの人は純正のメモアプリ
スマホ(Android)の人は純正のGoogle keep
・上記以外ならever note(スマホの人はこちらiphoneの人はこちら
です!
後日それれぞれのアプリについて解説します。


ジャンル分けのコツ

では、ジャンル分け実際に行っていくわけですが
ここで、ジャンル分けのコツを紹介します。

前の記事でも述べましたが
ジャンル分けのコツはこれです。

スクラップブックの作成 制作 簡単4ステップ 家づくり 資料 業者 施主

施主コラムでは何度も登場している
家づくりの「王道の順番」です。
これをもう少し細かくジャンル分けすると以下のようになります。

これを参考に
保存場所(フォルダ)を分けて保存する場合
あくまで一例ですが
以下のような分け方ができます

保存 スクラップブック イメージ 理想の家づくり 情報 保存方法 コツ 失敗 成功

ということで、気に入った情報を保存するときは
このように「ジャンルごとに保存していきましょう
これがしっかりできると
・お金を重点的にかける箇所はどこか?(←自分なりの優先順位が見えてきます)
・お金をかけなくても良い箇所はどこか?(←冷静に判断ができ、妥協点を見つけやすくなります)
・施主支給を何にするか?(←家づくりのコストを下げることができます)
・数年後に購入や補修を検討すべき箇所はどこか?(←数年〜数十年後の家の状態を予想できると、「予期せぬ後悔」が「予想できる後悔」に変わり、「その後悔に合わせた対応」が可能になります)

ざっくり以上のようなメリットがあります。
詳しいジャンル分けは
次回以降で解説します。


保存場所のコツ

以上のように、自分なりにジャンル分けしながら
気に入った情報を保存していく中で
家族と共有したり
自分が後で見つけやすくするためのコツとして

・保存場所を決めておく

ことを、オススメします。

スクショしたり、カメラで撮ったり
ブックマークするといった方法が手っ取り早いわけですが
家づくりでは、気になる情報や
理想の家づくりのために欲しい情報が
実際に調べ始めると、たーーーくさん出てきます

それらの情報が、他のデータ(プライベートの写真や仕事の情報など)と
ごちゃごちゃになってしまう
後々、本当に、ひじょーーに面倒です。

結論としては
家族ともラクに情報を共有できて
情報をジャンルごとに分けて保存できる
以下のアプリがオススメです。
iPhoneの人は純正のメモアプリ

メモアプリ 理想の家づくり

スマホ(Android)の人は純正のGoogle keep

メモアプリ 理想の家づくり

・上記以外ならever note(スマホの人はこちらiphoneの人はこちら

メモアプリ 理想の家づくりです!
上記のアプリなら
簡単に印刷、プリントアウトができますし
スクショしたり、写真に撮ったりしたデータや
気になるサイトのアドレス(URL)も、コピペして貼り付けておけばOKです。

さらにさらにコツとして
保存したデータの名前も、そのままにせず
できれば名前をつけて保存しましょう
その時の名前は、「メーカー名」や「価格」などではなく
調べた時のキーワードや、その写真を表す簡単な言葉にしましょう。
万が一、データがどこかに無くなってしまった時
検索をして見つけやすくするためです。

この保存の仕方についても
次回以降でもう少し詳しく解説していきます!

最後に

以上のように
家づくりの情報集めは、コツコツと整理しながら
進めていくこと重要です。
そのためにも、今回の、情報の保存方法について
改めて見直してみてはいかがでしょうか?

とはいえ
こういったアプリやコツをうまく活用するには
実際には「案外大変」なんですよね。

やはり家づくりで欠かせないのは
その道のプロの協力です。
そして、かつ、施主に中立的な立場で提案を行ってくれるスタッフさんです。

次回は、2nd Step【保存する】の、アプリや保存方法について、さらに詳しく解説していきます!
お楽しみに^_^!

関連記事

WORKS