「ワクワク」を体感しよう! NEWS・COLUMN

NEWS・COLUMN

施主コラムvol.2【理想の家づくり】費用?ローン?間取り?坪数?デザイン?前提となる【間違ってはいけない】重要な考え方

  • コラム

ある日の嫁との『会話』

リョウタの嫁(以下「嫁」)
リョウタ(以下「リ」)

リ「嫁はどんな家が欲しい?」
嫁「うーんそうだねー・・
家庭菜園できる庭がある家が欲しい❗️
リョウちゃんは?」
リ「スケボーができるプールみたいなやつ作りたい❗️」
これ↓

嫁「・・・。」

『理想の家は?』と聞かれても・・?苦

我が家の理想の家、建てたい家は
見事に意見が噛み合わずにスタートしたわけですが
これから施主になる皆さんはいかがですか?
どうも施主のリョウタです。

皆さんは「理想の家、自分が建てたい家ってどんなん?
と聞かれたら、具体的にまとまった意見、ありますか?
多くの人が、考える場面に出会うにもかかわらず
意外とそのような意見は出づらいものです。
(スケボーパークは本気です笑)。

今回は
「これから家を建てたい」と考えている人の多くが最初に悩む
「どんな家にしたいの?」という問いに対して
【前提となる間違ってはいけない重要な考え方】について解説します!

前提となる【間違ってはいけない】重要な考え方

早速ですが、結論は2つです!
1つ目「優先順位の王道を知る」
2つ目「順番に準備して順番に取り組む」
です
順番に解説します。


1.優先順位の王道を知る

まず一つ目の「優先順位の王道を知る」について解説します。

みんなはじめは、自分が建てたい家について漠然とした意見ならあると思います。
しかし、実際に家づくりに取り組むと、優先順位に悩んでくるものです。
建てたい家に取り付ける設備や条件が多くなれば、予算との勝負だし
反対に設備や条件が少なければ、建てた後の後悔につながります。

どちらにしても、「欲望と現実」に揉まれ
「高コスパでお得な家」を探す旅に疲れ果て
「優先順位」を見失った結果
予算がオーバーしたり、あぁすれば良かったと後悔したりすることに繋がります。
こういったことは、SNSなどでもよく見かけることだと思います。

「いやいや、そうならないように、専門のアドバイザーとか担当スタッフがいるんでしょ」
と、思われる方も多いと思います。
それはもちろんその通りで、担当スタッフは頼りまくった方が良いです。
実際に頼りになるスタッフもここにいます。

しかしながら、これも当たり前のことになりますが
実際の家づくりを進めていく中で、本当にたくさんある決め事・決定事項の
最終決断を行うのは、全て施主であるあなたや、家族なんです。

そして、施主や家族は、忙しい仕事や日常のやりたいことをしながら
数多くある、家づくりの決定やお金の工面をしなければならないわけです。

以上の理由から
自分の建てたい家が欲しいあなたも「優先順位の王道を知る」ことが重要なわけです。


2.順番に準備して順番に取り組む

二つ目の「順番に準備して順番に取り組む」について解説します。

家をつくるための王道の優先順位を知れば
何から手をつけて良いのか、その順番が大体スッキリとしてきます。
同時に、担当スタッフにしっかりと頼って話を進めていけば、家づくりも非常にスムーズです^_^
あなたや家族にとって後悔のない家づくりが実現できると思います。

あなたが相談・決定していく項目は、ざっくりと以下の図のようになります。

これらが
家づくりのための大きな枠です。

この大枠を料理に例えると
「食材の費用」「調理道具」「料理」みたいな
非常にざっくりとした項目です。

つまり、このような大きな枠の中に、
数多くの、決定しなければならない項目があって
それらの項目を最終決定するのが
あなたや家族だということです。

この
決定の連続に疲れ果てないようにするために
最終的に完成した家に後悔が残らないようにするために
順番に準備し、それらを順番に取り組んでいくことが重要なわけです。

最後に

きっと誰しも
好きな雑誌や映画にのっていたあの家』や、『ずっと思い描いていた暮らしやすい家』『あなたらしさの詰まった住まい』があるはずです。
そして、できることならその理想を実現したいはずですよね^_^

今回解説した
「優先順位の王道を知る」「順番に準備して順番に取り組む」
について、次回以降、さらに詳しく具体的に解説していきます。
お楽しみに^_^

家をつくる選択肢・コツを知りたい人はこちらから

関連記事

WORKS