「ワクワク」を体感しよう! NEWS・COLUMN

NEWS・COLUMN

施主コラムvol.1 DIY大好き‼︎ 施主のリョウタの自己紹介

  • コラム

こんにちは!
どうも初めまして、施主のリョウタです。
施主ってわかりますか?
この会社にリノベーションを依頼した、いわゆる「お客様」の方です。

「普通はこういうのって会社側のスタッフが書くんじゃないの?」と感じたそこのあなた!
するどいΣ(-᷅_-᷄๑)
なぜお客側の私が記事を書くことになったのか、少しお話しできたらと思います。

まずは簡単に自己紹介_φ( ̄ー ̄ )

-熊本在住30代1児父
-過去に物販営業職やハウスウェディングスタッフを経験
-本業は医療福祉介護関係のお仕事
-2020年にリハビリ領域の大学院を卒業
-論文執筆やWEBライターとしても活動中
-現在は子育てにも奮闘中‼︎

という少し変わっているといわれる経歴となっております。
(変わっているから普通じゃないリノベーションを選んだのかもしれない…)

今回の記事では、自己紹介も兼ねて、私がなぜここにいるのか?
そして、施主として家を手に入れるまでのプチ体験談を書いてみました。

①どこにでもいる30代のサラリーマンが
②ふとした勧めで大学院に進学することになり
子供の予定などを見越して家の購入を決意したものの
④理想が普通じゃなかったようでメーカー探しに難航
⑤そんな折、やっと面白がってくれるユズリノ(銀杏開発)と出会う
銀杏スタッフも騒然!思いがあふれた施主が資料を使ってプレゼン!

という、非常に濃い展開となっております。
よかったら読んでいってください♪

ちなみに、次回以降から本格的に書かせていただく家づくりの記事は、全て有益な記事ばかりなので、是非とも引き続きチェック‼︎よろしくお願い致します^_^

序章 ~普通のサラリーマンが大学院へ~

どこにでもいる30代前半サラリーマンの私は当時結婚を控えていました。

本業のリハビリの仕事にもこなれてきた私は、
「この先、子供も生まれたらきっと家買うよなぁ。」
と、漠然とした想いと共に、なんとなくの日々を送っていました。

しかしある時、尊敬する上司のふとした勧めで、大学院に進学することとなり、働きながら大学院へと通いはじめました。
新しい考え方を学ぶことは、普段から好きなことへのこだわりの強い私には、とても刺激的で楽しく、
「社会人になってからの勉強の方が楽しいものだ」とたまに聴きますがその通りでした。

転機 ~結婚を経ていよいよ住宅の購入へ~

大学院に通いつつ、忙しい日々に追われながらも、無事結婚。

結婚も早々に、私の気持ちはもう新たな目標に向かっていました。
そう、それが「住宅の購入」です。

私たちの場合は、妻の要望もあり、出産のタイミングや今後のお金のことを考えると、
できるだけ早いうちに家を建てることがベターだろうという結論に至ったのです。
そしてここから、住宅に対する私の普通ではない執念が育まれていくこととなりました笑

出会い ~現実的じゃない私の理想像に目を輝かせる変わった会社~

私が普段から読む雑誌は、ビンテージや古着、昔の車など、歴史や背景、物語りのあるもの。
美しいデザインのものは観察していてワクワクします。

なので、自然と建築物や家具、芸術作品にも興味が広がります。
私の妻は、抽象作品の展示された美術館に行くと、いつも口をポカンと開けています。
(それもまた芸術の味わい方なのだと思うようにしています笑)

そんな私が住宅購入を検討していくうちに、最終的に行き着いたのがユズリノ(銀杏開発)だったのですが、
実はここにたどり着くまでに、7社もの会社に相談しては諦めて、を繰り返しました。

私は、昔々から撮りためていた家のイメージや今回作りたい家の案を、7社それぞれの担当者さんに申し訳なさそうに話しました。
なぜ申し訳なさそうだったとのかというと、どの会社も「現実的でない注文をするお客さんだなぁ・・」と表情に出ていたからで、だんだんと「自分の作りたい家を実現するのは無理なのだろうか」と私は家づくりに対する理想と希望を失いかけていました。

しかし、
「すごくワクワクする家ですね!もしこれが実現できたら本当におもしろい家になると思います!」

と目を輝かせて答えてくれたのがユズリノ(銀杏開発)の担当スタッフさんで、
この出会いこそが私の心に立ち込めていた暗雲を一気に晴らした出会いでした。
それで、「よし、ここに精一杯ぶつけてみよう」と思ったのでした。

家の相談をしてみたい方はイベント開催中です^_^

 

紆余曲折 ~勢いよく始めたもののハードルの高い中古住宅探し~

銀杏開発さんと共に成し遂げる住まいの獲得は、
住宅購入とリノベーションをワンストップで行うことに最大のメリットがあると思っています。

住宅購入は、つまり、中古住宅を探すところから物語が始まるわけです。
しかしこれがやはり、新築にしても建売にしても、「ここだ!ここしかねぇ‼︎」と思うところに出会えるか。
まずここに、一般庶民の私はハードルを感じたわけです(泣

それでも何かとコツや方法はありまして、色々なワザを知り、駆使し、銀杏開発さんと共に住宅の購入にこぎつくことができました。

購入した住宅を、どのように理想のものにアップデートしていくのか?
実際に「ここじゃん!ここしかねぇじゃん‼︎」となった時、事前に担当の各専門のスタッフさんと打ち合わせができていたことで、スムーズに購入の決断ができたことは今でも印象的です。

理想の我が家 ~できれば事前に勉強を。でも無理はしないで大丈夫。(プロに頼れば)~

住宅購入とリノベーションは、一見すると制約が多く面倒に思われる方も少なからずおられますが、
実は、新築注文住宅や新築建売物件などと比較しても、非常にメリットが多いことに気づきます。

しかしながら、そのメリットの恩恵を受けるには、施主もいくらか家のことを知りつつ工夫する必要があることも、また事実なのです。
実際に、私の場合は家の基礎工事や屋根の構造、建物の耐震構造や断熱性能など、時間があれば本や論文を読みつつ、現場の専門の担当スタッフの方々に質問をしていました。
ただ、これは非常に大変なので、普通はそこまでする必要はありません。プロに頼りまくりましょう。笑

私がそこで感じたことは、本や論文、担当スタッフさんから教えてもらったこと、知ったこと、実際に施主として体験したことを、文章にしてみたいということでした。
わかりやすい文章にできれば、これから「家を建てたい!」「高コスパな家が欲しい」「中古リノベって何?」と思っている方々のお役に立てるのではないか?と、おこがましくも思ったのでした。

中古リノベのことを専門家に聴くならココです^_^

 

 

最後に

中古リノベに対するこの私の思いを、当時から理解してくださっているユズリノ(銀杏開発)さんにお伝えしたところ、ホームページのリニューアルに伴い、「せっかくならその思いをありのままに書いてほしい」と記事の執筆をさせて頂ける運びとなりました。

と、本題に入る前に簡単にと思いつつ結果的に長々と語ってしまった私の自己紹介を、最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。
これから読者の方々に、きっと役立つ、有益な実体験に伴った内容をお届けできるよう努力いたしますので、よろしくお願いいたします!

関連記事

WORKS