不動産チラシの「売主」「代理」「媒介」って項目は??~代理編

チラシやwebを通して舞い込む不動産情報が気になり始めた時。
なんとなくわかる気もするけどよくわからない、「仲介」や「代理」などといったワードについて解説する第二弾。

前回は、「売主」について解説しました。

不動産チラシの「売主」「代理」「媒介」って項目は??~売主編

今回は「代理」について、わかりやすくお話していきます!

「代理」とは、売主の「代理」!

チラシやwebの不動産情報の隅っこに、不動産会社の名前と合わせて「取引態様:代理」などとあった場合それは、会社が当該不動産の売主の代理として対応しますよ、ということを意味します。
※「取引態様」というのは、不動産会社が取引する時の立場のことを指します。

つまり、売主に代わって販売活動もするし、さらに売買契約まで行うということ。
買主側からみると、売主とほぼ同じような立場となります。

買主との間に「代理」の不動産会社が入る分、やっぱりお高いんでしょう…?

もちろん「代理」の作業をボランティアでやるわけではありませんので、そこには費用が発生します。
売買する額によって上限額の変わってくる「手数料」です。

しかし、実は基本的には売主側がこの手数料を全て負担するのが原則で、買主側は払う必要のない場合が多いんです!
ただし、例外もあります。確認するようにしましょう。

取引態様が「代理」の場合の買主のメリット・デメリット

取引態様が「代理」の場合、先ほど書いたように『買主は手数料を支払う必要がない場合が多い』というのが、まず一つ目のメリットです。

もう一つは、これはどこまで代理として売主から任されているかにもよりますが、仲介と比べ、代理は多少の裁量権を持っているということ。
だから、その裁量内の話であれば、『交渉のスピードが早い』と言えるでしょう。

では、買主側のデメリットはというと、これといってハッキリとしたものはありませんが、注意すべきポイントとしては、「代理」では売買契約の場に売主が来ないこと。
本当にこの不動産会社が代理権を持っているのか、本当に売主は所有権者なのか、各種書類を確認した上で安心して取引をするようにしましょう。

さて、買主側からするとほぼ「売主」と変わらない、「代理」。理解は深まりましたでしょうか?
次回はこのシリーズとしては最後、「仲介」「媒介」についてお話します!

ライター紹介

ジョナさん

ジョナさん

1986年熊本生まれ。高校大学は関西。戦後すぐの木造店舗付き住宅→寮生活→単身者向けアパート→町家シェア→ファミリー向けアパート→築40年超木造平屋。 芸大出身、前職は絵画教室主宰やイベント業、弓道具製作等を経験。 住人十色の「家」がたまらなく好き!!

FOLLOW US

CONTACT US

  • 掲載されている物件やユズリノに関する
    ことならなんでも回答いたします。

  • ユズリノにお持ちの物件を掲載したい方は
    お気軽にご連絡ください。